社会福祉法人緑風会は、様々な福祉サービスの提供をします

  • mail

花ノ木の郷 先輩の声

ケアマネージャー

「介護は先の見えないマラソンのようだ」と例えられることがあります。

加齢に伴い身体や心が衰えてきて今まで出来たことが出来なくなったり、

洗濯物を干そうとして、滑って転倒し骨折をする等、理由は様々です。

本人もどうしたら良いか?家族もどうしたら良いか?と悩み、相談され介護

サービスがスタートします。

私達はご利用者様やご家族様のニーズを読み取り理解し計画を立案し同意を

得て、必要な介護サービスを援助致します。

ですが、一回のプランニングで満足の行くサービスが出来るとも限りません。

定期的に現行サービスが果たして適正なのか?本当にご利用者様・ご家族様

が満足して頂いているのかをモニタリングし、再アセスメントを繰り返す事

が大切だと考えています。

ご本人様の生い立ちや嗜好などを知ることも大切です。個人情報なのでなか

なかお話頂けない事もありますが、いろいろと伺いご本人の幼少期から現在

に至るまでを想像し、自分だったらどうしてほしいか?を考えることも良いと

思います。また、残存機能の活用も決して忘れないように心掛けています。

完璧なケアプランとはどういうものなのか?何が完璧なのか?人其々なので

難しいと考えています。フォーマルケアだけではなくインフォーマルケアの

ほうが多くなっていくのがこれからのケアプランかもしれません。

 

私達が望むことは、ご本人・ご家族様に「笑顔で過ごしていただきたい」

それができるよう、これからも頑張っていきます。

 

居宅介護支援センター 花ノ木の郷 加藤英明

1449733166519

DSC_2224